バブル経済が崩壊して更にその後のリーマンショックを経験し、失われた20年といわれるデフレ不況気味の時代が続いている間に家族のライフステージが住まいを購入するか、賃貸のままで

賃貸物件の探し方について
賃貸物件の探し方について

住宅購入を諦めてもQOLへの期待感が強い昨今の賃貸生活者

バブル経済が崩壊して更にその後のリーマンショックを経験し、失われた20年といわれるデフレ不況気味の時代が続いている間に家族のライフステージが住まいを購入するか、賃貸のままでいくかの判断をしなければならない年代に差し掛かったサラリーマンは悩んだはずです。この時期に多くのサラリーマンの賃金が下がる傾向があり、将来が見通せなかったため、自己資金の手当てや多額の住宅ローンを抱えるリスクより賃貸生活で暮らそうと決めた人が増えたようですが、生活の質まで諦めたわけではないはずです。

このように考えて賃貸志向になった人は昨今のように超低金利時代が続いていて、住宅を購入しやすくなっているとはいえ、3,40歳代で金融機関から数千万円の融資を受けて35年ローンの返済を続けていく人生を考えた時、余暇や趣味を楽しむ余裕のなくなる生活も送りたくないと考えて賃貸志向を貫いているわけです。

しかしながら、この世代の人たちは今の高齢者が中年族だった時代と違って便利で楽しい住まい方に慣れ親しんでいるので、賃貸生活を送る場合も機能性の優れた住宅設備が出回って入ればそれを欲しがることに躊躇しない世代です。従って、古くなっていく賃貸住まいに暮らし続けないで、設備が良くて入居条件の良い賃貸物件を探す意欲があり、QOLへの期待感が強いようです。

Recommend



Copyright(c) 2017 賃貸物件の探し方について All Rights Reserved.